生姜たっぷりの‥‥

みなさん!こんにちは!
小倉店の多田です。
朝晩の冷え込みが強くなってきましたねー。
日中の温度差で風邪を引かないように気をつけて下さいね。
さて今回ご紹介するのは以前、真田店長が載せていた北九州のB級グルメのドキドキうどんです!
小倉南区八重洲町にある『たけや』です。

看板に書いてある通り朝の6時から営業しています!!
常にお客さんが多く、いつも開店前から並んでいます。
ここは自家製麺で、毎朝店主が店の奥で打っており、コシが強くダシとの絡みも最高です(≧∀≦)

たっぷりのすり生姜をぶっ込めば、身体が温まり風邪もすぐぶっ飛びますよ^_^
先日、仕事中むしょうにドキドキうどんが食べたくなりパートの方に頼み込み作ってもらいました^_^

見た目も味も完璧!!
たまらず昼飯、夜飯2食連続でいただきました(≧∀≦)
感謝ですm(_ _)m笑
やすもり小倉店近隣にもB級グルメのドキドキうどんの店が十数件あります。
気になった方は是非食べてみて下さい。
やみつきになること間違いなしです!!
それでは今回はこの辺で‥‥

長府店まかない飯

こんにちは!

長府店勤務の來嶋です!

今回は長府店のまかないご飯を紹介します!

長府店に勤務される谷内尾料理長が、従業員の為にテンジャンクを作って下さいました!

テンジャンクは韓国の伝統的なお味噌汁で、コチュジャン(唐辛子味噌)、カンジャン(醤油)と並び、韓国料理に欠かせない調味料の1つテンジャン味噌を使用して作ります。

ちなみにテンは「固い」、ジャンは伝統調味料の総称である「醤(ジャン)」を意味します。
大豆を自然発酵させたテンジャン味噌は独特の風味で、僕は元々納豆が嫌いだったので最初テンジャンクに抵抗がありましたが、勇気を出して食べると価値観が一変!

今ではやすもりへ食事に行くと必ずオーダーするFavoriteメニューです(^o^)

まかないで食べられるなんて、なんと幸せな事でしょう(^^)

写真に写っている料理長のお茶目な一面に皆様お気付きでしょうか?(笑)

さ~て、美味しいご飯を頂いて、さあ今日も張り切って働くぞ!

西高東低

みなさんこんにちは!ITTO個別指導学院の平尾です。

日に日に寒くなってきました。気付けば今年も残り一月半ですね。
今月に入ってからは週末に冬型の気圧配置になることが多いですね。
今週末も日本海側の低気圧がサハリン付近に、東シナ海の低気圧は本州の南岸を東に移動し、冬型の西高東低の気圧配置になる予定。

日本海側はシーズンになりました!というわけで先週末は早朝から海に行ってきました!


思えば以前は夜な夜な酒を酌み交わした友人たちですが、いまでは毎週早朝に集合するという状態です。健康的になったもんです。

時間もあまりなく朝のみということだったので波は小さかったですが近場で楽しみました。写真では全くの凪に見えますが、入っているうちに良くなっていき、なかなか楽しみました。そのあとすぐになくなりましたが。。

問題点が一つ。

最近の不摂生が祟って太りすぎたせいでウェットスーツのきついこと!
常にMaxの締め付け効果で、呼吸も浅くなるほどです。。

ということで一月くらい前から減量に着手し始めました。
毎晩仕事の後に筋トレをおこなって基礎代謝を上げるという作戦です。
ビールをプロテインに変え、いまではプロテインでも酔えそうです。
今週からはささみ生活にはいります。

効果のほどはまた報告いたします。
華麗なリバウンドにもご期待ください(笑)!

それではまたの機会に!

紅葉の季節

少しずつ冬の足音が聞こえて来そうな今日この頃

まだまだ、暖房などは使わず寝るときも毛布一枚で戦っている

どうもしじゃんけんにーです。

何度やっているかもわからないダイエットを始め

少しずつ成果が出て来ています。

今日は、以前ブログでも少し触れましたが

紅葉を見に言って来ましたので報告を兼ねて

写真を

行ったのは、東行庵

東行庵って何だろう?と思われる方のために

簡単にいうと

高杉晋作のお墓がある場所です。

では、なぜここにお墓があるのか?

東行庵は、曹洞宗に寺院『功山寺』の末寺で山号は『清水寺』といいます。

晋作の死後、遺言によって奇兵隊の本拠に近いこの土地に葬られ、

晋作の愛人おうのが出家をして生涯弔ったそうです。

という場所です。

それではまた。。。

出逢いは奇跡#日々感謝#最倖

やすもり経営理念 夢を抱き感謝の心で努力を楽しむプロフェッショナルであろう

『一人映画では味わえない』

 

こんにちは。綾羅木店勤務の上田です。

自分は以前、長府店に勤務しておりその時にはブログを書かせてもらっておりましたが、綾羅木店に移動になってから初めてのブログ更新となります。

改めてこれからよろしくお願いします!( ◠‿◠ )

長府店のブログの時に何度か紹介しておりましたが、自分はまあ趣味という程のレベルまではいかないのですが、『一人映画』というのが好きで、一人で見に行って鑑賞後に映画の世界観に浸るというのが好きでした。

ですがここ最近半年ほどは行っておらず、なにかないかな?と思っていた所、友人に『見たい映画があるから付き合って』と誘われ数年ぶりに1人ではなく誰かと2人で映画を見に行ってまいりました。

しかし当日映画館に入るまでなにを見るのか教えてもらえず、なぜ隠す?笑と思いながらやっと教えてもらい見た映画がこちら!!

『ブレードランナー2049』です!

まだ絶賛公開中なのですごく言いたいのですが皆さんに見て欲しいのでこの場でのネタバレはやめておきます。”(-”"-)”

簡潔に言うと近未来、核爆発が起き荒れ果てたロサンゼルスを舞台に人間と、ロボットに近い作品内ではレプリカントと呼ばれる人造人間との間に起きる問題を描いた物語です。

2時間以上のもの大作を真剣に見ながら徐々に思い始めた事が一つ。

『あれ?この映画ってもしかして前作ある?』と

ただ映画館では他の方に迷惑がかかるので静かに見終え出た後に友人に聞いた所、ありました。


どうやら30年ほど前に公開されたこちらの『ブレードランナー』の直接的続編で映画内でもタイムラインで30年後の世界を描いたものだそうです。

やられました笑 なぜ教えてくれなかったのかと、見ていればもっと世界観に浸れたじゃないかと!

ですが面白かったのも事実ですし、こういう楽しいやりとりができるのも一人映画では味わえない醍醐味?笑かもしれません( ^ω^ )

とはいえやはり前作気になりますね。

映画自体も11月末までは公開予定見たいですのでゲオで前作のDVDを探して鑑賞し、より理解したうえでもう一度映画館に行こうかなと思っています(*^-^*)
それではまた次回更新日にお会いしましょう!

 

 

冬にもぴったり

読者のこんにちは。
やすもり本店の原田です。

冬といえば鍋ですよね!

まずは季節にピッタリの商品をご紹介させて頂きたいと思います。

そうです!知る人ぞ知る。ナッチポックン(釜山式)です!

手長ダコの旨辛鍋です。ニラやネギ、玉ねぎ、春雨、トックなどお野菜もしっかりとれ、今人気の商品の一つとなっています。

そして季節は違いますが、ついでに当店一押し商品の紹介も、、、笑

焼肉屋の定番!手打ち冷麺です!一年中やってます!!!

ご注文を頂いてから粉から練っているので、しっかりとしたコシを味わえます。

もう一つのこだわりは自家製のスープです!

一から手作りしており、あっさりとしたスープに仕上げています。

その他当店では多くの韓国料理を提供させて頂いています。

是非身近に韓国を味わってみてはいかがでしょうか!

当店をご利用頂いている方や韓国へ旅行に行かれる方はご存知かもしれませんが、

おそらく下関ではやすもりでしかお召し上がり頂けないかと思います。

それではまた~。

 

鍋の季節

紅葉の季節とあったか~い鍋の季節がやって来ました。小倉店の松田です。

この時期、スーパーでも鍋の食材や手軽に調理出来る、鍋のお出しが沢山並び始めました。すでに家庭でも鍋料理が多くなつてきているのではないでしょうか?       そこでテイクアウトや店内でお召し上がりができるおすすめの鍋を2品紹介いたします。一品目は60年余りたくさんの方々にお召し上がりいただけていている人気の鍋。

とんちゃん鍋(韓国風和牛ホルモン鍋)秘伝のみそだれに、ニンニクや唐辛子等を加え、お野菜でシンプルに炊く料理です。ホルモンのエキスがお野菜やタレと混ざり合い絶妙な味わいになる。焼肉を少しつまんで〆はとんちゃん鍋で決まりですね。

二品目は、一度食すとまた食べたくなる 辛旨!ナッチポックン(手長タコの鍋) 韓国釜山で大人気の鍋で、手長タコ・ネギ・ニラ・トックなどの具材を特製のたれに、コチジャンやにんにくなどの薬味類もたっぷり、真赤なスープが食欲をそそる。  風をひきやすいこの時期にピッタリ!栄養たっぷりのおすすめ鍋。        また食べたくなる二品の鍋をご紹介いたしました。

※忘年会シーズン到来、上記の鍋がセットになっているコースも御座いますので  幹事さん、ご予約は最寄りの店舗はご早めに。

 

 

忘年会

こんにちは。

長府店の間下です。

いつのまにかめっきり日が短くなり夜の寒さがこたえるようになってきました。

皆さんいかがお過ごしですか。

さて今年も残り2か月を切り1年があっという間です。そろそろ忘年会の季節ですね。

ところで日本の忘年会は鎌倉時代の年末に行われた「年忘れ」と呼ばれる会が起源のようです。しかしこの会は、蓮歌を読むのが目的で現在行われている忘年会とはほど遠いものだったそうです。

現在の忘年会に近くなったのは江戸時代で一般庶民が1年間の憂さを晴らすために親しい者が年末に酒を酌み交わすようになったのがルーツだそうです。

今年も互いに一年間の苦労をねぎらい、肩書、年齢、性別、などにこだわることなく席を同じくして、和気あいあいと和やかに、楽しく、接する会でありますように、

さて今年も幹事さんはどこで予約を取ろうかとお悩みでしょう。そこで、やすもりのご宴会メニューのご案内をしておきます。

長府店宴会メニュー

リーズナブルな、やすもりおすすめ宴会メニューを

まずは「ミシュランコース」

上品なテイストでていきょうするやすもり自慢の十二品。ご存知やすもり名物「和牛とんちゃん鍋」も付いたお値打ちコースです。次にボリューム満点飲み放題がついてこの価格!「リトル釜山コース」と本場韓国の味をご堪能頂ける「チャガルチコース」

以上リーズナブルなコース3点をご紹介いたしましたが、ご予算に応じて承ります。のでお気軽にご相談ください。ご予約お待ち申しております。

 

Mathematics

皆さんこんにちは。ITTO個別指導学院の平尾です。

突然ですが、みなさん数学はお好きですか?
自分は納得がいかないと気が済まない子供だったので、小学校のころ三角形の内角の和が180度になると教わった時信じられず、授業そっちのけでノートに三角形を書きまくって分度器ではかりまくった思い出があります。結局180度以外になるものはありませんでしたが。。

そんなこんなで昔はあまり好きな教科ではありませんでしたが、大人になってから数学を勉強するとなかなか楽しいものです。

というわけで最近購入した書籍を紹介します。
Newton別冊数学の世界です!

Newtonはわけわからないなりにワクワクするので古本屋などで購入したりはするんですが、別冊はわかりやすくて面白いです。

例えば、サイコロを3つ投げた時、出た目の数の合計が9になるのと、10になるのではどちらが出やすいと思いますか?
これは17世紀に当時のギャンブルを愛好する人たちの間で問題になったそうです。

因みに答えは10です!

合計が9になる場合を考えると(1.2.6)(1.3.5)(1.4.4)(2.2.5)(2.3.4)(3.3.3)の6通りです。
10になる場合は(1.3.6)(1.4.5)(2.2.6)(2.3.5)(2.4.4)(3.3.4)のこれまた6通り。では一緒では?
これに答えを出したのが有名なガリレオです。
3つのサイコロを区別すべきということに気付いたんです。

つまり、例えば合計が9になる(1.2.6)はサイコロを区別すると(1.2.6)(1.6.2)(2.1.6)・・・のようにこれも6通りあります。しかし、(3.3.3)はこれ1通りしかない。すべて数え上げてみれば合計9になるのは25通り、合計10になるのは27通りあることになります。

それまでは「順列」と「組み合わせ」の違いという考えがなかったんです。ですから現在の教科書では大小二つのサイコロ・・のように問題文にサイコロを区別する記述があります。

こんな話がたくさん掲載されていて楽しいですよ。また、先ほどの確率はギャンブルの歴史と密接な関係がある。のように数学の発展の背景が載ってるのがいいです。何事も背景は大切ですね!

これからは本格的に受験も近くなりますが、なぜ・何のためにを考えることも必要だと感じました!

学生はもちろん、大人にとっておすすめの一冊です!

韓国料理おすすめ!!!

朝と夜はかなり寒くなってきましたね。

昼はまだまだ暖かいですが、、、

先日、朝早く外に出ると小学生の女の子が半袖で走っていました。

2度見です。 霜おりてるのにそんなに薄着で大丈夫なのかと、、、

子供は風の子とは言ったものだなと感心していました。

どうもしじゃんけんにーです。

さて、先月のおすすめはスンドゥブですが

今月は、チヂミです。

ということでチヂミの理解を深めようと調べてみました。

様々な食材を溶いた小麦粉などと合わせ、油で平たく焼いた

粉食。

雨の日になるとチヂミを食べる俗習があるが、これはチヂミを

焼く音と雨の降る音が似ているため。荒天時は買い物が面倒なため

家に常備した小麦粉で食事を調えるという意味合いもあり

祭祀に欠かせない料理。

とありました。

雨音とチヂミを焼く音が似てるって

言われてみればそんな気がしなくもないですが

そういう感性を自分は全く持っていませんでした。

普段の生活の見方、聞き方を変えると世界は違う景色に見えるんだなと、、、

でも自分ではなかなか気づくことができず

人の話や、本などで違う視点を取り入れていくことが大事なんだなと、、、

感慨深いですね。チヂミとは全く関係なくなりましたが、、、

通常のメニューに加えて、辛い青唐のチヂミが食べたいと

以前から常連様に言われていたので昔メニューにあったチヂミをアレンジして

再リリースです。

チヂミフェアーみたいになっています。

チヂミの知名度とスタッフのおすすめで爆売れ中です。

一枚一枚オーダー後焼くので

厨房スタッフは燃えています。

最近は、スーパーでもチヂミ粉売ってます。

意外と簡単に作れるので一度作ってみてはいかがでしょうか^ ^

出逢いは奇跡#日々感謝#最倖

やすもり経営理念 夢を抱き感謝の心で努力を楽しむプロフェッショナルであろう