創作 居酒屋

まだまだ寒い日が続きますが暦のうえでは立春も過ぎ、春近しですね。

こんにちは、小倉店の松田です。

私もまだ数件しか廻れていませんが、下関・唐戸周辺には美味しい和食のお店がたくさんあります。

おいしいお刺身を食べるならこのお店、 「 居酒屋  しんご 」

今日は何が出てくるのかとお通しから楽しませてくれる。

手をぬかない職人のこだわれが感じられ

いち早く旬を取り入れられた食材には目を楽しませ季節感を感じさせてくれる

一品、一品をいただくたびに、うまい!!と声がでる

数々の料理の美味しさに、こころもおなかも大満足。

予約しないと入れないほど、いつも満席のお店です。

韓国酒膳 ファチエ

みなさんこんにちは、小倉店の大津です。今回は三萩野交差点から木町方面に向かってすぐ、黄金市場の近くにある「ファチェ」さんを紹介します。

店内はカウンター席とテーブル席があり、お昼時は満席になる事がある人気店です。看板に石焼ピビンパとありますがこちらのお店は石焼ピビンパが売りで種類も豊富です。

石焼ピビンパも美味しいのですが、自分の一押しはこの寒い季節にはピッタリのコプチャン煮込みうどんです。コプチャンとはホルモンの事で、たっぷりの野菜とホルモンを特製のダシで煮込んだ心も体も温まる一品です。

また、彩りがきれでトッピングも豪華な冷麺も人気メニユーの一つです。この「ファチェ」さんはとにかくメニューも豊富で本場韓国の味が色々楽しめるおすすめのお店です。みなさんも是非一度足を運ばれてみて下さい。

激辛ノススメ

読者の皆様おはようございます。

小倉店勤務の間下です^^

小正月も過ぎましたけど、今年もどうぞ宜しくお願い致します!

さて本日は、寒さの増す中求めてしまう辛旨商品の紹介です。

最早知らぬ人も居ないであろうカップ麺、蒙古タンメン中本です^^

辛旨日本一は伊達じゃ無い、中毒的な旨さの人気商品ですね!

私もしょっちゅう食していましたが、先日TV番組でカップ麺の特集をしており、その中でカップ麺のチョイ足しブームが来ているとの事。今回の蒙古タンメンでも以前からチーズや温玉をインすると旨い!と言うのはありましたが、番組内で持って来たのは、、、納豆。

どうしても味の想像が効かない、滅茶苦茶気になります!

まだ試して無いんですけど、

「オメーら食えよ!絶対食えよ!!」というマツコ・デラックスの叫びが頭から離れません、、、そのうち必ず!

年越しの恒例

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。

やすもり小倉店の真田です。

お正月は2日から開店。多くのお客様のご来店を頂きました^ ^
誠に有難うございます。

さて、皆さまは年末年始は、どのように過ごされましたか?

僕はと言うと毎年変わらずです。

去年の仕事収めは12月30日。この日は仕事を終えると毎年恒例となっている
お店のOBや同僚と「お疲れ会」を開催しています。

毎年、僕の自宅に招いて朝まで飲み明かすのですが、昨年は準備が遅れてしまい
今回は小倉の街にくりだしました。

焼肉 → 小倉のBAR →  海鮮焼きんのお店・・・などなど、ハシゴしながら散々飲み明かし、気付けば朝日を眺めながら帰宅と(笑)

まー、毎年の事ですが
やはり、この日だけはリミットを外してしまいます(笑)

大晦日は、こちらも我が家では恒例となっている、地域のカウントダウンイベントに参加しており今年選んだのは、門司港レトロカウントダウン。

こちらは、カウントダウンと同時に花火が上がるのですが

平成最後のカウントダウンという事で、今回の花火は気合が入っており。音楽に合わせて打ちあがる花火はテンションを上げてくれました^ ^

そして、自宅に戻り

「年越しそば」。

これも恒例です^ ^

正月を終えて体重の方も2キロ増です(笑)

まずはダイエットから、今年も頑張っていきます^ – ^

それではまた。

寒いこの時期には

皆さん こんにちは。

小倉店の多田です。

朝晩が非常に寒くなり、布団から出るのが億劫になりますよねー(°_°)

インフルエンザも徐々に流行ってきていますので、皆さん体調管理には気をつけてくださいね。

話は変わりますが、寒いこの時期に自然とだべる回数の増える、うどん屋を紹介します。

小倉南区横代にある天盛うどんです。

学生時代に帰り道でよく友達と食べていたのを思い出します。

この店は完全セルフサービスで自分で全てやる感じです。

昔ながらの優しい味に癒されます。

値段もとてもリーズナブルでお財布にも優しいお店です。(^_^)

それでは今回はこの辺で‥‥

鉄わん

みなさんこんにちは、小倉店の大津です。今回は市立医療センターのすぐそばにある、うまかもんダイニング「鉄わん」さんを紹介します。このお店は自分の家から近いこともあって月に一度は必ず利用さして頂いてます。おふくろの味が楽しめる家庭的な雰囲気のお店です。

メニューは日替わりで、おかみさんがその日に仕入れた新鮮な食材を元に毎日手書きで作られています。

元々は、紺屋町でギヨーザ専門のお店をされていたそうですがこちらに移転されてからは、なつかしい家庭料理を提供するお店として医療センターの先生や近郊の会社員方をはじめ、地域の方に愛されるお店として営業されています。

このお店で自分が特におすすめしたいのが、こちらのアツアツの鉄板に乗せられてくギョーザです。具はもちろん皮も手作りでパリパリの皮の触感と具のジューシーさは相性抜群です。このブログを見て気になった方は是非足を運ばれて下さい。

糸島へ

こんにちは。やすもり小倉店の真田です。

今回は冬になると食べたくなる、あの旬の味覚を求めて
先日、車を飛ばし福岡県の「糸島市」に行って来ましたのでその時の様子を。

「糸島」と言えば、最近では数々のインスタ映えスポットやご当地グルメなども多い土地です。

少し前に、福岡で唯一、不定期で放送されているダウンタウン松っちゃんの
「福岡人志」という番組でも、取り扱われていましたね。
今、かなり人気のようです。

そんな、糸島に僕がお目当てで向かったのはインスタ映えスポットではなく、こちら

糸島と言えば有名な牡蠣小屋です。

牡蠣小屋自体は初めてでは無いのですが、見てください。この店舗数。各漁港にこのような、牡蠣小屋エリアがいくつかあり、非常に活気があります。どこに入ろうか迷ってしまい、各お店のメニューなんかを見て回りましたが子供連れだった事もあり、子供が喜びそうなメニューが多くラインナップされているこちらのお店を選びました。

「牡蠣小屋 服部屋」。ネットで調べると、看板店主のいるかなり有名店らしく
芸能人の方々もよく来られている様子。

ピンクのジャンパーを着て、たまに弾ける牡蠣に怯えながら、新鮮な牡蠣を頂きました。様々な食べ方をご提案されていましたが、大根おろしとポン酢でシンプルに頂くのが、やはり最高でした。

こちらは、牡蠣チャーハンです。

大粒牡蠣が沢山入っており、こちらも絶品でした。美味しそうでしょう?^ ^

こんな商品も。牡蠣のコチジャンチーズです。その他にも牡蠣のアヒージョなど様々な創作牡蠣料理があり、この辺も人気の秘密のようです。

まだまだシーズンは続きますので、また行こうと考えています^ ^

皆様も、是非足を運ばれて見てください^ ^

それではこの辺で〜。

ラテノススメ

読者の皆様おはようございます^^

小倉店勤務の間下です。

ここ数日は非常に暖かく過ごし易い日が続いていましたが、、、もう寒い。辛いです。

さて本日はこんな寒い日にホッと出来るものを紹介します。

無印良品さんの「ほうじ茶ラテ」です。

ここ一年位ハマってよく飲んでます^^

甘くなり過ぎず、鼻を抜けるほうじ茶の香りが秀逸です。

多分400円位でコスパも素晴らしい。

 

何かと慌ただしい時期に突入してきましたが、たまには「ほうじ茶ラテ」を飲んでホッと一息入れる瞬間も作って行きましょ^^

癒しと温泉

平成の一年も残りわずかになってきました。50才を過ぎると一年がとても早く感じるのは私だけでしょうか・?こんにちは、小倉店の松田です。

先週のお休みに紅葉も終わりかなと思いつつも東行庵へ車を走らせ、見ごろはやや過ぎていたものの赤、緑、黄色のコントラストに彩られた風景はとてもすばらしいものでした。

四季折々の自然に目がいき、ゆったりとした時間を満喫するスローライフが似合う年齢になってきた気がします。


この時期からは温泉が最高!
下関は少し走れば温泉場がたくさんあり、よく行くのが豊田町の道の駅にあるおすすめの「蛍の湯」です。入浴料金も比較的安く地元の方や観光での立ち寄り湯としてご利用される方も多い温泉です。俵山や一ノ俣温泉同様 お湯がとてもいい。

詳しくはHPで検索 下関豊田町 道の駅「蛍の湯」

スペースシャトルが‥‥

皆さんこんにちは。

小倉店の多田です。

以前にここのブログでかいたスペースワールドですが去年の大晦日で閉園して以来、少しずつ取り壊しが進んでいました。

そして今週の火曜にスペースワールドのシンボルであるスペースシャトルが取り壊されました。

小中高と歓迎遠足やプライベートで何度も足を運んで、たくさんの思い出を作った場所なので寂しくなりますね‥‥

余談ですがスペースワールド跡地にはAEON MALLが出来るそうです。

話は変わりますが、私が呑みに出るときによく行くお店を紹介します

小倉北区鍛冶町の南国ビルにある『里ごころ』です。

店内の写真はありませんが昔ながらの渋いつくりで料理もどれをとっても美味しいです。

是非行かれてみて下さい。

それではこの辺で‥‥